大切な動物さんの体調不良をヒーリング☆病院での診察にメリット

大切な動物さんの体調不良をヒーリング☆病院での診察にメリット

ワンちゃんの原因不明の痛みや不調にも

C君(ワンちゃん)が急に元気がなくなって
このまま死んでしまうのではないかと
心配でいただいたご相談です。

 

[アニマルヒーリング 30分: ワンちゃんが急に元気がない]

 

“ほんとうにありがとうございます。

さっきまでと目の輝きが全然違います。

 

やってもらう前のC君の目は粘土みたいだった...

 

きのうの様子は本当にただごとじゃなかったです。

もう、目が粘土みたいで...

生きてない目。

このまま死んじゃうんじゃないかと思って...。

 

R君(夫)も目が変だと言って、

最初、目が見えてないんじゃないかと、彼は言ってました。

 

わたしもこんな目で見えるのかと不思議だったけど、

ずっとわたしの方を見つめてて、視線が動くから、

見えてはいるのがわかって。

 

動物はどこが痛いと言わないから、

ヒーリングと獣医学を合わせるとすごい力になると思います。

 

R君(夫)はまだ、出てってる感じがするそうです

体の中から悪いものが出てってる感じがすると…。

 

わたしは今日は、すごく瞑想的な感覚が深かったです。

沈んでくような。“

 

ご夫婦ともに敏感なタイプなのでいろいろ感じ取ってますね。

(ヒーリングを数回受けてるうちに更に敏感になってます。)

 

ヒーリング中にC君(ワンちゃん)の背中から霊的なものが抜けて行ったので

それを伝えました。

人間で言ったら、左の背中のウエストと肩の間位から痛いものが取れたのです。

 

ヒーリングの後は、目の輝きも戻って

動けるようになったとのことで、本当に良かったです!!

 

 

翌日は念のために獣医さんで診てもらったそうで

S.K.さんより連絡が来ました。

 

最初は先生が「異常はない」と言われたそうですが

「そんなはずはない、あれだけ具合が悪かったので」

と、わたしが伝えておいた個所を

細かく細かく指を一本ずつずらしての触診をしてもらうと

ヒーリングで取れた痛みの場所と同じ場所が

押されると痛みがあったようで、ピンポイントで一致したのです。

 

ヒーリングの力はすごい、と驚かれてました。

このようにヒーリングのメリットを生かすこともできますね。

 

 

後日いただいたメール)

 

“動物は言葉を発しないから、どこか怪我して血が出てるのでなければ、

怪我や病気の治療が難しいものです。

 

そういうときに頼れるのは、

経験というデータに照らし合わせて結論を導き出すベテランか、

見えないものを感じる力のある人。

わたしのそばには後者がいたので助かりました。

 

わたしは医学とホリスティック医学は連携すべきと強く思っています。

 

医学とは数値化と映像化の技術だから、進歩はわりと早いけど、

その時代その時点での限界はある。

 

なかには経験則という判断基準を身につけた医師もいますが、

それは統計だから原理は占いと同じ。

 

ヒーリングは非科学的だと思う人が多いでしょう。

 

わたしも科学で解明されるのには時間がかかると思いますが、

しいて説明すると「ヒーリングは描写」なのだと考えています。

 

原因不明の痛みや疲れなど、レントゲンやMRIカメラで撮影できず、

成分を数値化するのも難しいときでも、上手なヒーラーはそのものを「描写」できます。

 

じつは、見えないものを感じることなら、誰でもできるんです。

C君の目の色がいつもと違う、粘土のようだ、抱き上げても力がない、

おやつを興味を示さないというのは、

目に見える証拠はなくても、

事実、ウチの家族全員が感じたことです。

 

しかし、C君に何かが起こっていることはわかっても、

普通の人はうまく言葉で説明することはできない。

 

けれど良いヒーラーなら、それを見たまま感じたまま「描写」できるから、

客観的に伝わり理解できます。「描写」とは「形容」と言い換えてもいい。

 

ヒーリングって見えないものを客観的に描き形容するスキルで、

だからこそ自分を見失った人や言葉を持たない動物に役立つのでは…

とわたしは思います。

 

痛みは体内の微小な変異で起こることもあれば、

空気中の水分や気候やある種霊的な作用が引き起こすこともあるといいます。

 

そういう目に見えないものを描写してくれるのがヒーラーで、

ホリスティックなワークが、科学や医学と補完しあって、

うまく連携してくれるといいなぁと思うのです。 動物のためにも。“

 

 

人の念や憑依の場合、身体の不調として現れ、わかりやすい場合もあるので

そんな時はサクッとヒーリングで取れる場合があります。

 

とにかく

C君がげんきになって本当に良かったです!!